大阪の県民性が求められるエンジニア

大阪府民が持ち易い県民性が、現在のエンジニアにも求められる傾向があります。
江戸時代、京都も含めこの地は、天下の台所と呼ばれていました。
天下の台所とは、多くの大名が蔵屋敷を設け、様々な商品が一旦この地に集まり、商売が盛んになる事から現された言葉です。
商売は、人の心情を掴み、求める需要を作り出していかなければなりません。
江戸時代活躍されて来た方の魂が、孫や子に引き継がれ、現在においてもその様な考えを持ち易い方々が多くいます。

自動改札機、即席ラーメン、歩く歩道などは、大阪人の魂が生み出した発明品です。
従来のシステムエンジニアは、既に利用されている様な内容を求められる傾向が高くありました。
例えば、ショッピングカートや、掲示板、メールなどの処理を行うシステムです。
現在に至っては、0から生み出される様な、ユーザーにとって価値の高いシステムの開発が強く求められています。
そのため、大阪でのエンジニアの仕事は、日本のみならず、世界からの需要が高い傾向にあります。
プログラムの知識さえ持ち合わせていれば、企業にとって激しい競争の社会で生き残れる時代ではありません。

心理的な要素についても、学びながら発想力を高めて行く必要性があります。
仕事は忙しくなる傾向にありまして、人々にとって価値を提供する事でやりがいに繋げて行く事も出来ます。
人には、自身に意識が集まり易い人と、他者に集まり易い人に分かれる傾向があります。
他者に意識を集め、他者の価値を考える心も大切と言えるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です